>

これからの社会に役立つ資格:介護福祉士

これからの社会に役立つ資格といえばなんでしょうか?これからの日本は超高齢化社会がすすんでいきます。そんな世の中で重宝されるのは、介護福祉士だと思います。 介護福祉士という仕事は、病院や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、デイケアセンター、障害福祉サービス事業所などといった社会福祉施設で、医師の指示を受けて、身体上または精神上の障害がある方の介護を行う専門家です。国家資格を必要とする仕事ですので、誰でもいつでもなれるわけではありません。きちんとした専門学校で知識と技術をつける必要があります。 介護福祉士になるなら、おすすめの専門学校があります、それは、学校法人・専門学校 首都医校です。こちらのホームページをご覧ください。首都医校なら、介護技術の習得はもちろんのこと、医療の知識やカウンセリング能力・コミュニケ―ションスキルといった、より良い介護をするために必要なスキルも身につけることができます。 また、「国家資格 合格保証制度」「完全就職保証制度」が適応されているので安心してスクーリングすることができます。首都医校では、学科の枠を超えてチーム医療を学ぶこともできるので、より深く医療や介護について学ぶこともできるでしょう。ご興味を持たれた方は、まずは資料請求してみてはいかがですか?

  • 0
  • 07-12

フランチャイズを始めたい人のFCドットコム

景気があまりよくない時代において、ビジネスで利益を上げることは容易なことではありません。いまは、売り上げを伸ばすどころか、会社や店がつぶれるような時代であるため、営業や技術が豊富な会社でもなかなかうまくはいかないようです。 これではいつまでもうだつが上がらず、不安も高まるばかりでしょう。今となっては、どの企業も経営の方法そのものを変えるということが必要とされているといってよいかもしれません。 いま安定した経営を行なうために、フランチャイズへの加入を考える会社が多いようです。フランチャイズは、技術などがあるにもかかわらず仕事が来ない会社に効果的なことから、今注目されるようになっています。 フランチャイズ募集を行なう企業では、自分が得意とする職種もあるため、フランチャイズ店として知名度を生かして、安定した売り上げを伸ばせることが人気となっています。 代理店FCドットコムでは、フランチャイズの募集する企業をたくさん紹介しています。たとえば、フランチャイズ募集を行なう企業では、学習塾やリフォーム、飲食店、美容などがあります。 フランチャイズは、これから起業を考えている人にも経営リスクの少ない方法として注目されるようになっています。代理店募集・フランチャイズ募集情報のことなら「代理店FC.com」が便利でしょう。

  • 0
  • 01-22

会社を伸ばすには、目標管理システムのサイダス【CYDAS】で

企業の発展の為には、企業の社会的役割を果たす為の企業目的が必要です。そして、その目的に向かうためには、会社全体の目標設定がなければ、成し遂げられません。さらに会社とは、社員ひとりずつの力の集合体ですから、個々の立場でそれぞれの目標設定をして行く必要があります。 でもどうですか、今迄、個々の社員の目標設定から管理を充分にできていましたか?細かい売上等に目がいってしまって、全体的な大きな目標が達成できないなどということはありませんでしたか?目標の達成には、全体的な戦略が伴なって初めて達成できるものです。 多くの企業では何らかの戦略を立てて、目標の達成を計っていこうとしていますが、個々の社員が立てた目標の管理を的確に行っていかないと、全体が把握できません。それでは良い成果も生まれてこないのです。また目標達成の管理は、今まではペーパーで行ってきた企業が多かったのですが、今はネット上で管理できるソフトが開発によって大きく前進しています。 ご紹介したいのが、目標管理システムとして、人と組織の才能を引き出すサイダス【CYDAS】という会社です。 詳しくは>こちらで具体的にご覧頂けますが、会社の発展は、個々の社員の力をフルに出し切っていくと発展できますので、目標管理システムは、そのサポートに役立つのです。

  • 0
  • 05-24

人事考課は日本人には向いていない?欠点と改善方法について

人事考課とは会社に所属している人間に対し、一定の方式を用いて「評価」することです。人事評価と呼ばれることもありますが、そちらの方が意味は分かりやすいかもしれませんね。 さて人事考課ですが、採用を進める企業も増えています。しかし日本では年功序列を重んじる「終身雇用制度」「年齢給」が採用されていたため、世界各国と比べれば浸透していない制度だと言えるでしょう。また日本人だからこその問題点も色々と抱えているのです。 例えば「成果主義」から評価を下す場合、どうしても生産性のみに注目しがちです。また何をもって成果と判断すべきかも難しいですよね?そして日本人は「情」に弱いため、正当な評価を決定することに欠けています。そしてチームワークと個人プレーのどちらに重きを置くべきかも争点になりがちです。 もしも人事部長が社員に対して人事考課をすれば、嫉妬や恨みを抱かれる原因にも繋がるでしょう。よって現段階では人が評価をするのではなく、ツールやアプリケーションから成果を下したほうが平等なのかもしれません。ただし前述したとおり「何を重視するのか」という問題は解決できません。 社員の効率的な配置決めに役立ちはしますが、制度を導入する時には慎重に行う必要があるでしょう。

  • 0
  • 05-07

About me

  • Joseph Bush
  • Sex: male
  • Age: 26
  • Profession: Geeker
  • From: California